組合概要

鶏イラスト

理事長挨拶

理事長

愛知県食鳥肉販売業生活衛生同業組合

鈴木 忠

「愛知県食鳥肉販売業生活衛生同業組合にようこそ」

「ニワトリ」の家畜化が進んだのは諸説ありますが、今から5000年ほど前で、南アジアから始まったと
伝えられています。日本に伝来したのは、弥生時代と言われています。
当時は、時を告げる鶏、愛玩動 物、闘鶏など生活の中で、身近にいる家畜だったようです。
「ニワトリ」が食用として一般化したのは、江戸後期からで、産業として養鶏業が始まったのは、明治の時代からでした。
現在では、家畜の中で、温室ガス排出量が少ないタンパク源として多く食されるようになっています。
今後も、食生活の中で、鶏肉の割合が増えていくものと予想されています。
愛知県には名古屋コーチンをはじめ、親しみのあるブランド鳥を多く生産しています。私たち食鳥肉販売業は、この貴重な食用鶏を安全でおいしく消費者の皆様にお届けできるよう、時代の変化に対応し、環境や仕組みを整えてまいります。

食糧農業機関によると、家畜業が排出する温室効果ガスは、世界の全排出量の18%にも上るのだそう(FAO)。以下、食品別の温室効果ガス排出量ランキングです(EWG)。

食品別温室効果ガス排出ランキング

鶏イラスト

役員構成

当組合は、下記の役員構成で運営しています。本組織とは別に、青年部会の組織もあります。

役員構成

鶏イラスト

組織運営に関する事項

総会を始め、以下の通り、運営しています。毎年6月に鳥供養を主催します。

組織運営

鶏イラスト

組合の沿革

昭和32年に施行された生衛法により、消費者の生活に密着する食鳥肉販売生衛業として、組合が発足。平成13年1月に現在の名称に変更。
※生衛法=生活衛生関係営業の運営の適正化及び振興に関する法律

鶏イラスト

関係する団体

  • 全国食鳥肉販売業生活衛生同業組合連合会
  • 公益財団法人愛知県生活衛生営業指導センター
  • 般社団法人日本食鳥協会
  • 一般社団法人名古屋コーチン協会
ページトップに戻る